Webサイトの表示速度がモバイル検索ランキングの要素に!今すぐできるSEO対策、Webサイト最適化のための方法

Webサイトの表示速度がモバイル検索ランキングの要素に!今すぐできるSEO対策、Webサイト最適化のための方法

校長先生の朝礼のお話、上司の説教、つまらないプレゼン、飲食店での提供、ブログの更新

Webサイトの表示速度

早いことは良いことが多いですね

ユーザーが思っていることがWeb検索の結果に反映されていることをご存知ですか?

デスクトップ検索のランキング要素として「Google WebMasterBlog

2010年4月の記事「Using site speed in web search ranking」で

検索ランキングの要素にサイトの表示速度が含まれていると名言しています

表示の遅いWebサイトはSEO対策として完璧じゃないってことです!

そして、今まではデスクトップ検索のみでしたが2018年の7月からはモバイル検索もランキング要素として

サイトの表示速度を含むようにすると「Google Webマスター向け公式ブログ

2018年1月の記事「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」で宣言しています

GoogleはこれをSpeed Updateと呼んでいるそうです

ここで問題です。Webサイトの表示が遅い早いってどうやって判断すればいいのでしょうか?

Webサイトの表示速度を測定

Webサイトの表示速度を測定する方法はすごく簡単です

Googleの無料ツールを使いましょう

1. Google アナリティクス

アクセス解析の定番ですが実はページ速度の確認もできます

手順は「行動→サイトの速度→ページ速度」の順でクリックしてください

 

2. PageSpeed Insights

こちらは、WebサイトのURLを入力して分析ボタンをクリックするだけです

Google アナリティクスで確認した時も結局こちらにくることになります

分析後に最適化についての提案をしてくれます

3. Test My Site

こちらもWebサイトのURLを入力してクリックするだけです

自動的に同じ業種内と比較もしてくれたり確認後に無料レポートを入手することができます

 

ちなみに「毎日がホリデイ!」の結果は以下の通りです

 

最後に

Speed Updateってなんですか?なんて言わないようにしてくださいね

ブログ、Webサイトの表示速度が気になる方は

いますぐ調べて出来るところからすぐに最適化していきましょう

早いことは良いことですよ

 

ではまたー