2020年に小学校で必修化予定のプログラミング教育について勘違いしている人が多すぎる

2020年に小学校で必修化予定のプログラミング教育について勘違いしている人が多すぎる

文部科学省が2020年を目指してプログラミング教育の必修化を目指しているのは聞いたことある方も多いと思います。世の中では子供向けのプログラミング講座も人気ですし「ホリデイ」でもプログラミングセミナーを実施しています

しかし、小学校で必修化予定のプログラミング教育について勘違いしている方が非常に多いです

プログラミング言語を学んでソフトを開発するための教育ではないです

プログラミングを通して論理的思考を身につけるための教育です

文部科学省の小学校プログラミング教育の手引(第一版)を読んでいただくとわかるのですが、小学校におけるプログラミング教育のねらいについて以下の3つと書いてあります

①「プログラミング的思考」を育むこと

②プログラムの働きやよさ、情報社会がコ ンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことがで きるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解 決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと

③各教科 等での学びをより確実なものとすること

さらに以下のようにも書いてあります

プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではない

このように児童が習得する可能性はあるけど小学校のうちからコーディングの教育をする内容ではないと教育の手引きにもはっきり記載してあります

そして、プログラミング教育といってもプログラミングの教科が設立されるわけではないようです

従来の授業の中でプログラミングを体験しながらそれぞれの教科の本質となるものを学ぶとのことです

詳しくは文部科学省の以下のページも参考にしてください

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

しかし、プログラミングを今のうちに子供に学ばせておきたいというお母さん、お父さんもいらっしゃると思います

すぐに家庭で学ぶ手段としては「ビジュアルプログラミングツール」が良いんじゃないでしょうか?

「ビジュアルプログラミングツール」とはプログラミングを文字で入力して実行するのではなく、視覚的にオブジェクトを使って実行するプログラミングです

MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境の

Scratchなどが有名です

 

他にも、子供に人気のMINECRAFTやSTARWARS、アナと雪の女王といったコンテンツでプログラミングを学べる

Hour of Codeも人気です

プログラミング教育の必修化に向けて子供にプログラミングをどのように学ばせるか悩んでるお母さん、お父さんも一度子供と一緒に試してみませんか?

ではまたー